mineo

mineoの料金プランや解約金・速度・口コミについて

mineo月額プランと解約金

mineoの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。毎月ごとの料金を比較していき、mineoに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。どれぐらい節約できるのか、mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの月額プランと初期費用

マイネオの料金プランは、データ専用SIMと音声機能付きSIMのどちらかを選ぶことが出来ます。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより今まで通りご使用できることになりますが、音声通話SIMを利用したほうがいいですよ。音声通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データSIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円です。

mineoの解約手数料

解約縛りと解約違約金について、ご紹介していきます。解約する際の契約解除料に縛りがないmineoは、最低利用期間の縛りが無い=いつ解約しても解約違約金が掛からない。ということです。大手キャリアしか使ったことがなく、不安という方でも、最も適しているMVNOと言えます。ただ、契約後1年以内で「MNP転出」をしようとする場合だけは12,420円のMNP転出手数料が必要となります。通話もいっしょにとお考えの方は、この点をよく認識して下さい。

mineoの回線スピード

mineoの通信速度について説明します。docomo回線のDプランは225Mbpsの通信サービスが利用でき、AU回線を使うプランでもAU 4G LTEとやっぱり同じ225Mbpsのスピードでした。通信系の媒体でもよく比較されていますが、混雑時間帯では、キャリア契約の回線より速度が遅くなってしまいます。常に通信スピードを要求するユーザーならば、キャリアとの契約をお勧めることになります。それでもなお利用料金が安いことを思えば、全体的に考えても、お得で満足度の高いサービスだとおもいます。

mineo Aプランでの帯域制限

MVNOすべてで共通ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。使いすぎの判定には直近3日間に行ったデータの通信量が用いられ、規定された容量をオーバーした利用者に対して、速度制限がかけられます。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。mineoの場合、料金プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で1GBが規定値に設定されています。

mineo docomo回線プランの3日制限0

docomo回線を使用するmineoのDプランに関しては、直近の3日間の通信量を基にした速度制限は適用されません。動画なんかを沢山見たり、メールだけだったりとか、日によって通信量が結構変わる人には、AプランよりもDプランを選んだほうが、3日間に使用したデータ量に応じた制限に気を取られず、利用することができるでしょう。プランを選ぶ際には、この様なサービス機能の違いを比較検討することをお勧めします。

mineoのユニークポイント

mineoは、格安SIMや格安スマホを取り扱うMVNOです。月額料金を大手キャリアと比較すれば、驚くほど安くなることに気づくでしょう。かかる費用は毎月わずか1,310円。それで格安SIMが利用できるmineoは、格安スマホサービスとして皆の注目を集めています。国内で初となるmineoのマルチキャリアMVNOは、docomo回線とau回線のプランで注目されてるのはMVNOです。電波のエリアも広く通話の品質も良いのでキャリアと同じような感覚で使えます。早速ですが、mineoのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。楽しく読んで下さいね♪

docomoとAU回線を利用した格安スマホサービス!

mineoは、docomo回線とAUの回線を利用し、格安でスマホを利用することが出来ます。通話の質もドコモやauと同じレベルですし、繋がりやすいエリアもdocomo・AUと同じで安心なのです。docomoやAUの回線を使っているため、docomoやAUのスマホをそのまま使うこともできて、乗り換え時にスマートフォンの買い替えする必要はありません。機種代がかからないというのは大きいですね!無論、mineoでセットで売られている格安スマホを買って利用することもできます。全国にあるキャリア回線をお安く利用することができますし、どちらか自分の使い方に合った回線を選んで、携帯代を節約しましょう。若干、値段が違うので、その点も比較しながら、検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE専用プランあり

VoLTE対応プランをいち早く用意したのが、mineo。この聞き慣れないVoLTEというものは、従来の音声通話よりも音質が格段に改善された、新しく革新的な通話内容です。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz~3.4kHzまででした。今回のVoLTEでは、50Hz~7kHzまでと、格段に音域が広がりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTE対応という魅力に惹かれて、mineoを選ぶ人もいるほどです。

翌月繰越も可能

モバイル通信サービスのmineoの場合、余ったデータ容量分は翌月に繰り越すことが可能なので、月々で使用するモバイルデータ通信料が変化する方でも、繰り越しをうまく活用することで、データ量の制限を気にせず使えるのはオトクなことですね。

mineoスイッチを駆使して、通信量節約

mineoには、mineoスイッチというものもあり、任意で、データの通信速度を高速・低速の二種類の速度に切り替えて使用することが可能です。データ容量の無駄な使用を抑えたい時にターボ機能を使います。Wi-Fiとmineoスイッチをうまく組み合わせることで、さらに安いプランにすることも出来ると思います。スマホ代のコストカットを狙える一手になることでしょう。

【期間限定】キャンペーン!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)