楽天の格安スマホ

楽天モバイルの特徴・速度・メリット・デメリットについて

楽天モバイルのチェックすべき項目

楽天モバイルはMVNOの一つで、格安SIM・格安スマホを取り扱っています。大手携帯会社のdocomo,AU,softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。月々1,250円で利用できる格安SIMが話題の楽天モバイル。楽天モバイルはNTTドコモから回線を借りているので、通話のクオリティや電波の範囲などはdocomoと同じです。また、楽天モバイル契約期間中は、楽天市場のポイントが2倍になるという特典も見逃せません。さて、いきましょう!楽天モバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomo回線網を利用した格安SIMサービス

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、サービスエリアもNTTドコモと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。お切り替えは、ドコモのスマホをお使いであれば、ほとんどの機種がそのまま楽天モバイルでお使いいただけます。現在スマートフォンを所持していない場合は、楽天モバイルの利用契約とセットで端末を購入することもできます。ドコモのスマホが手元にあるなら、楽天モバイルでSIMカードだけを契約すれば、今までどおり使えますし、別途お金を払ってスマホを買わなくても大丈夫です。楽天モバイルは信頼できるdocomo回線を安くお得に使える格安スマホサービスです。

SIMフリースマホがよりどりみどり

楽天モバイル非対応のスマホだった場合、対応する端末を購入する必要があります。楽天モバイルで購入可能な端末は、楽天モバイルの以外のMVNOと比べても,非常にたくさんの種類があります。スマートフォンでは画面が小さいという方も,楽天モバイルではたくさんの種類のタブレットも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。ただ、本体購入の際に気をつけることとして、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。本体購入時に楽天カードを持っていらっしゃらない場合は、端末代金は一括払いするしかありません。しかし機種の選択肢が豊富であることは、楽天モバイルの大きな魅力です。

データ通信量の翌月繰り越しにも対応

契約プランによって、使用できるデータ通信量はかわりますが、あまり使わなかった月などは、かなり余ってしまうこともあるかと思います。そんな時に楽天モバイルでは、残ってしまったデータの容量を翌月に繰り越す事が出来ます。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、翌月繰り越しができるということは、大変魅力的です。格安スマホなんだからしょうがないってあきらめないで、こうしたお得な繰り越しサービスがあるってところ、見逃せないですね。

電話代が半額になる、楽天電話

通話料を半額にしたい時におススメなのが楽天モバイルの「楽天でんわ」サービスです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、発信者の電話番号がきちんと相手側に通知されます。当たり前ですが、このときに通知されるのは、使用している携帯電話の番号です。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。これまでのIP電話だと、電話をかけると相手には「非通知」とか「050」の番号になってしまうので、使い勝手が良いとは言えませんが、逆に楽天でんわはそういった不便さはありません。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、利用した程度に基づいて楽天ポイントが付与されていきますから、ますますお得感がありますね。通話し放題のサービスも始まりました。

5分かけ放題オプション開始。

通話し放題プランを選べるのは、大手3キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)だけですが、MVNOでは、ほとんどのキャリアが通話し放題のプランには対応できていないのが現状です。通話回数が多く、格安スマホに手を出せないという方。そんなあなたに、魅力的なサービスが始まりました。楽天モバイルでは、日本国内での通話なら、最初の5分間は通話料金がかからず、しかも回数は制限なしというサービスがオプションでつけられます。月々の負担は850円です。普通の電話回線を使っている、この5分かけ放題のオプションサービスは、一般電話や楽天でんわと変わることなく発信者番号通知にも対応しており、いつもと変わらぬ使い心地で、なおかつ通話し放題になるという大きなメリットがあります。NifMoの通話し放題サービスでは、電話をかけた側の電話番号が表示されないことが多いと言われています。楽天でんわで通話をする際に掛かってくる通話料がおおよそ1分間で21円掛かってくるので、このオプションは。1カ月にトータルして43分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

最初の1ヶ月は無料に!

SIMを楽天モバイルで契約をすると、最初の一月の料金が0円になります。SIMカードが手元に届いたら、その月が初めて1ヶ月の月になります。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。しかし、お客様が今ご契約中の他社キャリアにおいての解約手数料・支払い・その他もろもろの手続きなどもおありと思いますので、初月無料だけ目的に、単純に月初めまで待つことが得策とは限りません。

楽天モバイルの通信速度

楽天モバイルの回線網は、docomoの高速通信回線、いわゆる4G回線を利用しています。スピードに関しては、ドコモの回線を利用しているのであれば、通信速度もつながりやすさも安心ですよね。安い料金でdocomoと同じスピード回線で利用できるので、楽天モバイルの最大の魅力ですね!今後のMVOや格安スマホのサービスの成長がさらに広がり便利になっていきそうですね。

楽天モバイルの速度制御

楽天モバイルの場合、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、規定の通信量を超えた利用者には、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天モバイルの月額費用と解約

楽天モバイルの料金プランについての説明をしていきます。現在使われているスマホの月々の料金と比べて、通信費を安くできるのか読んで下さい。さて、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

料金プラン・初期費用

楽天モバイルの料金は、スマートホン用のSIMには、データ通信のみ可能なSIMとデータ通信と合わせて音声通話が出来るSIMがあり料金が異なります。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、以前の携帯電話番号を利用したい時には、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。音声通話SIMの月額プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円です。

ベーシックプランは低速回線のみの使い放題というプランになり、このプラン意外は、LTEの高速回線という225Mbpsの利用となります。楽天モバイルの初期費用はわずか3,240円。後は端末を新規に購入したい場合の代金だけとなります。

楽天モバイルの解約制限

解約制限について、説明していきます。データSIMに関しては、最低利用期間の設定はありません。つまり、大手キャリアと違って、解約する時期によっては手数料がかかるということがありません。一方で、音声通話SIMについては、最低利用期間『12ヶ月間』が設定されています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金の9,800円を支払わなければなりません。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

【終了間近】キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)